9.15(Thu)『Terminal』梅田 CLUB QUATTRO / ampel、YOKOYUREなど

YOKOYURE ampelら梅田クラブクアトロでのみの企画

9.15(Thu)『Terminal』梅田 CLUB QUATTRO / ampel、YOKOYUREなど
photo:

9.15(Thu)『Terminal』梅田 CLUB QUATTRO / ampel、YOKOYUREなど Written - Terminal



関西・関東のグループがジャンルの垣根を越えてクラブクアトロにて企画するイベント『Terminal』。記念すべき第一回の出演陣は、ampel、YOKOYURE、Re:Lilly、TAKOPEO、伊禮恵、そして最年少17歳のSSW、Mae.がO.Aを飾る。昨今のurban soulのリヴァイヴァル・ジャンル昇華の流れ以降、着実に人気を集めるampel、大阪はYOKOYURE、TAKOPEOとHip-Hop/ソウルの流れを組む面々が。また、Re:Lilly、伊禮恵、Mae.と、アンビエント&アコースティック、そしてSSWとしてのキャリアを積んでいるローカルメンバーで行われる。


Terminal Live Act & artist

YOKOYURE

SoulやBlack Musicを主軸としたグルーヴィーなサウンドに心地よく絡み合うchorusが生み出す、POPINGなヨコユレパーリーバンド。韻シストBANDなどで活動するKEN-T(.Sax)をはじめ、プレイヤーとして経験豊富なメンバーで構成されており、手練れひしめく関西soul〜Hip-Hopシーンにおいてもクオリティーの高いライブを楽しませてくれる、要注目株。Terminalでは後輩であるTAKOPEO、ライブペイントを行うWHOLE9とも交流が深い。

YOKOYURE facebook

YOKOYURE Twitter

ampel

2009年河原太朗によって結成。重くシルキーなボトムライン、シンプルな音を抽出したアンサンブルと重なるスムースな声で聴かせる実力派トリオ。主催『DISCOVERY』の企画やフリースタイルラッパーの呂布(ズットズレテルズ/KANDYTOWN)とのセッション ”呂布 + ampel『呂布 – Car Race』”など、多彩なアーティストたちとのコラボレーションも行う。

ampel

Re:Lilly

2011年に仁木稔貴、ヒロベユウイチ、湯口亮の3人で結成。2012年、1st EP「hibi」をリリース。エレクトロニカ、アンビエント、アコースティックをキーワードにしたサウンド。Voヒロベの声質は邦楽90’sを彷彿させ、柔らかい声のトーンとミニマルな歌詞が強いフックとなっており、ライブにおいても高い演奏クオリティーでリスナーを癒してくれる。主催レーベル「KUSANONE Label」を立ち上げ、インターネット上にてフリーコンピレーションアルバム「shikisai compilation」を定期的にリリース。2015年より熊野瑞穂が加入。ドラムレスであったこれまでの形態を大きく変え、バンドとしてより温かみのある楽曲を聴かせている。

Re:Lilly Twitter

TAKOPEO

94年生まれ・大阪出身。2013年よりサンプラーを使ったHip-Hopトラックを作り、日常を切り取ったシンプルなリリックと、生バンド編成でのパフォーマンスを行う。2014の初主催企画『チルin the house』にて、10曲入りアルバム『頭の中から人に届くまで』を制作。2015〜2016年にかけてはCICADAや呂布など関東のアーティストとの共演も積極的におこない、フリースタイルを織り交ぜたバンドアンサンブルで「今」のHip-Hopを伝える若手ラッパー。

TAKOPEO Twitter

伊禮恵

2011年3月にミニアルバム「新しい朝」でデビュー。TBSテレビ「エンプラ」の4月エンディングテーマに起用されるなど話題となり、翌年の2ndミニアルバム「光を集めて」のタイトル曲がABC 朝日放送「ビーバップ!ハイヒール」の6月エンディングテーマに抜擢。2016年にGo!West Recordsに移籍、単独公演・2マンライブを中心に活動している、身近な風景と心情を描くシンガーソングライター。TerminalではMae.、Re:Lillyと交流が深い。

伊禮恵 site

Mae.

1998年生まれ・京都出身のSSW。2013年のThe7th Music Revolution JEUGIA FINAL グランプリ、2015年のThe9th Music Revolution OSAKA FINAL STAGEにおいてもグランプリを受賞。2016年より定期的にワンマンライブを行っており、高校生である現在、SSWとして既にその存在感を増している期待の女性ソロシンガー。本イベントでは17歳と最年少の参加者。

Mae. Twitter

WHOLE9 (ライブペイントユニット)

インテックス大阪でおこなわれているFM802の年末の大型フェス『RADIO CRAZY』での8×15m巨大バナー制作をはじめ、ムラサキスポーツや楽器メーカーのKORG、そのほか様々なメーカーや企業の企画で作品を発表し続けている大阪のライブペイント、壁画制作を中心としたアートユニット。本イベント『Terminal』では、出演するYOKOYUREのメンバーたちとも交流が深い。

WHOLE9 site

Info

『Terminal』#1
日程 : 2016.9.15(木)
会場 : 梅田クラブクアトロ
OPEN 17:30
START 18:00
前売 : 3,000円
当日 : 3,500円
チケット ぴあ Pコード:300-661 ローソン Lコード:52641

Act : YOKOYURE / ampel / Re:Lilly / TAKOPEO / 伊禮恵 / Mae.(O.A)
LIVE PAINTING : WHOLE9


Hip-Hop、urban soulからアンビエント・ポップス/SSWまで、関西を中心に様々なジャンルから実力派アーティストが参加するライブイベント『Terminal(ターミナル)』。同名のデジタルメディアと同時にスタートするこのイベントは、梅田クラブクアトロのみでの開催!自由な雰囲気の中で過ごすことができる関西での新たなイベントとして、クリエイター・音楽ファンのみなさんと一緒に作り上げていくシリーズとなれば幸いです。



Recent